ブログ

Blog

JTTB、FTP、FBってな〜に?

賢いディフェンス、気働きのあるオフェンス

(コート図と動画はInstagram投稿をご参照ください: https://bit.ly/3FWOlvg )

🏀この動画を撮影した日は、ディフェンスの「ジャンプトゥザボール (JTTB)」と「フラットトライアングル・ポジション (FTP)」を確認した上で、マンツーマンプレス的な攻防を学びました。

そもそもJTTBとFTPを徹底しなければ、ディナイやカバーといった普通のディフェンスすら機能しません。その上で動画1のドリルでは、ウィングのドライブに対するダブルチーム (Wチーム)とエクスチェンジ (Xチェンジ)を試しています。

WチームやXチェンジを実用レベルに引き上げるだけでなく、カバー&ローテーションの感覚、ベースラインドライブの体を張った止め方、オフェンスの対応の仕方など、今すぐ必要となる攻防スキルを磨くことができます。


🏀🏀まず、最重要なフラットトライアングル・ポジションについてコート図で解説してみます。

(コート図) フラットトライアングル・ポジション (FTP)の概念図です。ボールマンのPGはインライン・ポジションで守り、他のオフボールの4人、例えば逆サイドのPFは「平らな三角形 (点線)」のリング寄りの頂点に位置しています。

インカレ4連覇中の東京医療保健大学の恩塚監督は、ディフェンスがFTPをキープすることで「オフェンスは望む場所でストレートパスを受けることができなくなる」と説かれています。

パスラインを遮られることでオフェンスが外に押し出され、あるいはループパスを強いられることで、リズム良く攻めることが難しくなります。また、パスのエアボーンタイム(滞空時間)が長くなることでDEFポジションの調整も容易になります。


🏀🏀🏀以下は2つの動画の解説です。

(動画1) トップのディフェンスに私が入っており、そこではディフェンスのポジションがどういう目的でどう変化していくか、その場合オフェンスはどう動いてチャンスを創っていけるかを解説しながらプレーしています。

トップのディフェンスは上に書いた通り、インライン⇨JTTB⇨FTPというように移って行って、ボールが移動する度に「平らな三角形」をつくるためにポジションを調整しています。

オフェンスは、0度からのベースラインドライブが阻止されてしまう中、ウィングはドリブラーの後ろに入って助ける「フィルビハインド (fill behind = FB)」をおこないます。ディフェンスの真裏に入らないで、パスコースを確保する必要があるからです。

トップのオフェンスは3Pショットの機会を狙いつつもボールサイドに寄って、ウィングからのリターンパスを受ける体勢を作り、更には逆サイドへのサイドチェンジパスを狙うことになります。


(動画2) 5対5でのスローインの局面です。オフボールのディフェンス4人全員が正しいフラットトライアングル・ポジションを取っており、それはボールが前に進められる最中にもキープされていることが判ります。

FTPによってオフボールディフェンスはマイマンよりもボールに近い位置を占めることになりますから、パスレシーバーには常にプレッシャーがかかり、ルーズボールが生じた際もDEFの方がボールに近い有利な位置取りになります。

ディフェンスリバウンドにおいても、ベースライン側への侵入を防ぎつつリング側のポジションを取りやすいです。近年はオフェンスが「タグアップ (tag up)」してセンターライン側のポジションを取ることが多く、それに対峙するための整合性も取れています。


以上

2021/10/17

小さいチームの戦い方4: ハイポストの活用

ローポストはサイズ勝負、ハイポストは機動力勝負

(動画はInstagram投稿をご参照ください: https://bit.ly/3j5kkPU )

🏀動画のチームは今の高3の代で、チーム最長身が150cm台半ばくらい... それでもチームのオフェンスをデザインする中で、ハイポストプレーは重要な部分を占めていました。

5アウトや4アウト1インの隊形からインサイドのスペースをどう使うかがポイントです。

ガードが上からドライブで突っ込むのも好きでしたが、ハイポストフラッシュで下のスペースを空けて、ハイポストドライブやウィングのバックドアを狙うのが私のお気に入りでした。


🏀🏀動画はハイポストプレーを3つに、エースの5番のプレーハイライトを2つ。

(動画1) ディフェンスと上手く位置を入れ替わってシール→強引にドライブして抜き切れない→縦の移動距離が長いブロードジャンプでずらしてレイアップ。細かい部分で色々な工夫がみられて💮

周りも自分の攻めを狙いつつも「スペーシング」を意識した動きができており、ハイポストにパスが入った瞬間はインサイドがぽっかり空いています!

(動画2) 5番のポストアップから外角の4番にインサイドアウト・パスしてのミドルショット。エースの5番がハイポストでボールを持ったことで、ディフェンス数人に囲まれる。そこで外からのシュートも得意な4番にパスを振った判断がGOOD!

ハイポストよりも下のスペースを広く空けており、4番はベースラインドライブを選択することも可能な状況を創れていました。ポストプレー、ドライブ、ミドルショットの全てができるオールラウンド性が活きています。

(動画3) これも4番のハイポストドライブ。動画1に似ていますが、ボール運びの最中にガードがとっさにハイポストにつなぎ、パスキャッチ&着地と同時にドリブルを入れてトラベリングを避けているのも技あり!

(動画4) センスの良さはタップパス、パススティール、ショットブロックに現れると言われます (by 金沢総合高の前監督の星澤さん)。この動画にもそれが感じられませんか?

フラットトライアングルの正しいDEFポジションとプレー予測、歩きからの瞬間ダッシュでパススティール、その後のドリブルの入れ方とワンステップでのフィニッシュ。全ての行為に意味があり、それをスムースに無理なく実行できています。 

(動画5) 今度は4番がディフェンスを引きつけて、そのブラインドを突いた5番がキャッチ&ショット。こういうシーンを観ると、ワンハンド・ジャンプショットは強力かつ必須との思いを強くします。

私は1年生の女の子でもワンハンドショットしか教えませんし、入部初日からリング下ショットは入るようになります。ドリブルやワンハンドパスとの整合性が取れるし、色々なステップやフィニッシュと組み合わせる際に制限が生じません。


🏀🏀🏀ローポストは身長がないと機能しませんが、スペースが狭く相手に囲まれたポジションのハイポストは機動力が必要です。パス入れが容易で小さいチームでも活用できるので、レギュラーオフェンスの中に加える価値は高いと考えます。

0度/ローポストからハイポストへのフラッシュやボール逆サイドのウィングからの飛び込み(シャローカット)は、ディフェンスにとって非常に守り難いです。ボールマン=パサーが高い位置にいるのでプレッシャーもかけ難く、抜かれやすくもあります。

ハイポストにパスが入り難い場合は、ウィングにパスが入りやすいはずで、UCLAカットに切り替えることができます。ウィングにもパスが入り難い場合は、ハイポストから上に出てトップのガードにハイピックをかけるのが自然です。

以上

2021/10/15

小さいチームの戦い方3: シンプルな攻防

DEFはインラインとインサイドを守る、OFは空いた味方かスペースにボールを動かす

(動画はInstagram投稿をご参照ください: https://bit.ly/3B6LgWi 

🏀小さいチームが敏捷性を活かして、近接ディフェンスでボールを奪うのは理想的ですし、日本中そういうチームで溢れています。

しかし、必死でディフェンスしても上手いガードからボールを奪うのは困難だし、センターにつながれると容易にプレッシャーリリースされてしまいます。

オフェンスにおいても、何が何でも「ディフェンスから速攻」のワンパターンでは疲れるし、相手もすぐに慣れてしまいます。

ではどうすれば良いのか?今回の動画はその答えの一つになると思います。


🏀🏀最初の動画は得点後に3/4コート・マンツーマン・ディフェンスを敷いているもの。

オールコートでボールを追い回してスティールを狙うのではなく、素早く「インライン、ボールライン、ディナイポジション」を取ります。

私はよく「ディフェンスがオフェンスに対して答えをくれる」と言いますが、このディフェンス戦法は極力相手に答えを与えずに、一番リスクが高いプレーだけを防ぐものです。

ガードのドライブとガード&センターのコンビプレーを防ぐ。スクリーンにはスライドかアンダー。この時の約束事はそれだけで、動画でもベンチからの声がけが聞こえますね。

要は制限区域に侵入する動きを防ぐというシンプルなディフェンスであり、そのためのインラインポジション/インラインディフェンスということです。


🏀🏀🏀後の動画は上記のインラインディフェンスが成功してのリバウンドからの速攻です。

制限区域を優先して守り、外からのジャンプショットを打たせる。ボックスアウトしたら、いつまでもくっついていないでボールに飛びつく。

これらの約束事に沿ったディフェンスの結果、確実にリバウンドを確保しています。相手の戻りが早いので側線速攻を断念(好判断です!)、エースガードにボールを預けています。

それに続くオフェンスもシンプルで無理がなく、空いている味方やスペースにボールを動かしているだけ。結果的にインサイドでのジャンプショットをしっかり打てています。

動画はシュートインまでは収めていませんが、わたしは正しいセレクションで打ってくれた時点で「いいシュートだよ!」と褒める主義なので全然OKです💮

-
この投稿に先立つストーリーズのアンケート結果は、このDEFは「ヌルすぎて💢」 vs. 「余裕があって良い」の二択でほぼ同数でした。

緩いディフェンスしか出来ないと思われては子供たちに申し訳ないので、次回は続編として「プレッシャーディフェンスもできるよ!」という動画をアップしてみます。

以上